・Youtube動画(INVASTSecurities)
主にエンベロープ、ボリンジャーバンド、MACDについて解説されています。各テクニカル指標の考え方から使い方、メリット、デメリットを中心に注意点などを踏ま­えて解説されています!

基礎から学ぼうテクニカル分析講座3 【第2回】 移動平均線2

1.エンベロープ

移動平均線の上下に一定の割合で乖離させたバンドラインを招き、トレンドの把握とトレンドの中での売られ過ぎや買われ過ぎを判断するためのテクニカル指標です。

2.ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは、米国のジョン・ボリンジャーが考案した。移動平均線を中心に一定基幹の価格の標準偏差を利用したバンドラインを描画したものでトレンドとボラティリティを把握するとともに売られ過ぎや買われ過ぎの判断も可能なテクニカル指標です。

3.MACD(マックディー)

MACD(マックディー=移動平均収束拡散法)は、美国のジェラルド・アベル氏が考案した。2本のEMA(指数平滑移動平均線)を利用した、基本的にはトレンドフォロー型のテクニカル指標です。

fx_kaishaerabi
FXのことならFX動画で!『 FXとは?FXの始め方が分からない、FX会社(口座開設)の選び方が分からない!何を学べばいいの?為替情報を知りたい!』など。トレーダーの疑問や要望を把握し、初心者から上級者まで役立つ情報を配信いたします。 fx-douga.com

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*