rsi-top

【FXの基本】オシレーター『 RSI 』を使った売買ポイント!!

RSIは、代表的なオシレーター系指標の一つです。
『買われ過ぎ』や『売られ過ぎ』を読み取ることができます!
買われ過ぎは天井を示し、売られ過ぎは底を示すため、逆張りに使われます。

買われ過ぎ⇒これから値を下げると予測することができる
売られ過ぎ⇒これから値を上げると予測することができる

下の画像の下段が「RSI」です。
rsi

RSIを利用した売買ポイントの判断方法

買いサイン

①RSIが0%に近付く程、売られ過ぎであることを判断します。
一般的に20%~30%を下回った時が買いのポイントとなります。(画像の青丸印の部分)
②RSIが50%を上に抜ける場合は上昇基調と判断することができます。

売りサイン

①RSIが100%に近付く程、買われ過ぎであることを判断します。
一般的に70%~80%を上回った時が売りのポイントとなります。(画像の赤丸印の部分)
②RSIが50%を下に抜ける場合は下降基調と判断することができます。

補足

天井付近や底付近で実勢レートの動きとは逆にRSIのラインが引かれることがあります。
(例:実勢レートは下降、RSIのラインは上昇)これを逆行現象(ダイバージェンス)と言います。
トレンドと値動きの勢いに変化が現れるサインになります。

RSI はレンジ状態にある場合に適しています。
画像の中の「白い×印」を見ても分かる通りトレンド状態にある場合には適していません。


当サイト管理「Hiro」より
上記が『RSI』の一般的な考え方ですが、説明の中の「買いサイン」「売りサイン」の②番についてあまり使わなくてよいと思います。それよりも、それぞれの①番の部分をしっかり捉えることの方が勝率がアップに繋がります!

逆張り手法なので逆行した場合は、しっかり損切りしましょう!

説明が分かり易かったり役に立った場合は・・・
サイト右上の「LIKE?」ボタンをポチッと押して下さい(^^)/
ボタンを押すとハートが赤くなり横の数字が増えます!

fx_kaishaerabi
FXのことならFX動画で!『 FXとは?FXの始め方が分からない、FX会社(口座開設)の選び方が分からない!何を学べばいいの?為替情報を知りたい!』など。トレーダーの疑問や要望を把握し、初心者から上級者まで役立つ情報を配信いたします。 fx-douga.com

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*