ichimoku_top1

一目均衡表の基本をマスターしよう!

一目均衡表は、細田吾一氏(ペンネーム:一目仙人)が発表した日本生まれの少し特殊なテクニカル指標です。一目均衡表は「時間」の流れを重要視したテクニカル指標で、現在のレートと過去のレートとの関係性や未来に及ぼす影響(力・はたらき)などがチャート上で表現される定番のテクニカル指標です。

チャートを一目見て相場の動きが読み取れることから「一目均衡表」と名付けられています。日本のみならず世界中で支持される定番のテクニカル指標です。

はじめに、一目均衡表に描かれる
5つのラインと1つの帯の名称から見ていきましょう!

 

1.一目均衡表:5つのラインと1つの帯について

ichimoku_01

一目均衡表の6つの構成要素の名称と作られ方(計算式)

転換線 当日を含む過去9日間の(高値+安値)÷2
基準線 当日を含む過去26日間の(高値+安値)÷2
先行スパン1 『(転換線+基準線)÷2』を26日分(当日含む)未来に記したライン
先行スパン2 過去52日間の(高値+安値)÷2を26日分(当日含む)未来に記したライン
雲(抵抗帯)  先行スパン1、先行スパン2で囲まれた部分
遅行スパン 当日の終値を26日分過去に記したライン

ここで分かりづらいと言われるのが、「先行スパン1」と「先行スパン2」の位置関係。簡単な見分け方は、上昇している雲の上限にあるラインが「先行スパン1」で下限にあるラインが「先行スパン2」です。逆に下降している雲の上限にあるラインが「先行スパン2」で下限にあるラインが「先行スパン1」です。

 

一目均衡表の6つの構成要素のはたらき

基準線 基準線の傾きで相場の方向を示す。ローソク足が基準線の上に位置しているときは上昇傾向、ローソク足が基準線の下に位置しているときは下降傾向であることを示す。
先行スパン1 上昇トレンドでは下値抵抗線、下降トレンドでは上値抵抗線となる。
先行スパン2 上昇トレンドでは下値抵抗線、下降トレンドでは上値抵抗線となる。
雲(抵抗帯)  上昇トレンドでは下値抵抗線、下降トレンドでは上値抵抗線となる。
遅行スパン 遅行スパンがローソク足を下から上抜けしたら上昇への転換サイン(買いサイン)、ローソク足を上から下抜けしたら下降への転換サイン(売りサイン)となる。

以上が簡単な説明です。
次の項目から画像を用いて分かり易く解説していきます。
まず初めに「転換線と基準線の関係」を見てみましょう!

 

2.一目均衡表:転換線・基準線で分かる転換サイン

ichimoku_03

転換線と基準線のクロスから分かる転換サイン(売買サイン)

  • ➀転換線が基準線を下から上抜けしたら買いサイン(画像内A、C)
  • ➁転換線が基準線を上から下抜けしたら売りサイン(画像内B)
この売買サインには条件があります。上抜け下抜けしただけでは売買サインにはなりません。➀の場合は基準線が上向きであることが条件、➁の場合は基準線が下向きであることが条件になります。

以上が転換線と基準線の関係から読み取れれる売買サインでした。
次は、雲の「傾き」と「抵抗」について見てみましょう!

 

3.一目均衡表:雲の「傾き」と「抵抗」

ichimoku_06

雲の傾きでトレンドが一目で分かる

  • 雲が上向きに傾いていれば上昇トレンドを意味する。
  • 雲が下向きに傾いていれば下降トレンドを意味する。
  • 雲とローソク足(実際のレート)の乖離幅が広いほどトレンドが強いことを意味する。
上のチャート画像の雲は右肩下がりで、一目で下降トレンドであることが分かります。ローソク足は、上昇トレンド時には雲の上に位置し、下降トレンドでは雲の下に位置します。上昇トレンドではロング(買い)目線で、下降トレンドではショート(売り)目線でトレードを行います。

 

雲は抵抗線になる

ichimoku_05

  • 下降トレンドでは、雲が上値抵抗帯(上昇を抑える)になる。
  • 上昇トレンドでは、雲が下値抵抗帯(下降を抑える)になる。
上のチャート画像では、ローソク足より上部にある雲で何度も反発していることが分かります。この雲での反発は逆張りで狙う売買ポイントとなります。また雲に厚みがあればあるほど、その抵抗は強くなり反発の信頼度も高くなります。しかし上の画像の①のように何らかの大きな力(ファンダメンタルズなど)がはたらいた時には、あっさりと雲を突き抜けてくる場合もあります。

画像内の①のように、はっきりと雲の上方に上抜けした場合は、今度は雲(先行スパン2)は上値抵抗線から下値抵抗線に変わり、画像内の②のように反発し上昇に向かいます。(雲の下方に下抜けした場合も同様に雲は下値抵抗線から上値抵抗線に変わり下降に向かいます。)

 

雲は未来に描かれる

一目均衡表は、テクニカルで唯一未来にも記されている指標です。未来のどこのポイントに抵抗が発生しやすいか一目で分かります。未来に大きな雲が発生している場合は、そこを避けて為替レートが動くと予測することもできます。

これが、一目均衡表の代表的な雲の考え方です。
続いて、遅行スパンについて見てみましょう!

 

4.遅行スパンで分かる転換サイン

ichimoku_01_2

遅行スパンとローソク足(日々の実際のレート)との関係

  • 遅行スパンがローソク足を下から上抜けしたら買いサイン
  • 遅行スパンがローソク足を上から下抜けしたら売りサイン
上の画像の①の矢印のように遅行スパンがローソク足を下から上抜けたら買いサインになります。一目均衡表というと雲を意識している人は多いようですが、遅行スパンについては関心を持たれている方は少ないようです。しかし、一目均衡表の考案者は、遅行スパンは売買ポイントを教えてくれる大事な線であると重要視しています。

以上が遅行スパンの考え方になります。
最後に、「三役好転・三役逆転」について説明します。

 

5.一目均衡表:三役好転・三役逆転

三役とは以下の3つを指します。

  1. 転換線の基準線上抜け、下抜けによる売買ポイント
  2. 雲の上抜け、下抜けによる売買ポイント
  3. 遅行スパンがローソク足を上抜け、下抜けによる売買ポイント
この3役が全て買いサインであった場合に三役好転と言います。その逆で、3役とも売りサインであった場合は三役逆転と言います。

以上が、三役好転(逆転)の説明でした。

 

6.一目均衡表の解説動画です。おさらいしてみましょう!


YouTube(gaitamest)より

 

7.まとめ

一目均衡表はいかがでしたでしょうか?現在までの値動きから未来にはたらく影響を示してくれるところが面白いですね。使ってみていただけると分かると思いますが、視覚的にとても判断がしやすくトレードの助けとなるテクニカル指標です。皆さんも是非、使ってみて下さい!それでは勝ち組トレーダー目指して頑張りましょう!
fx_kaishaerabi
FXのことならFX動画で!『 FXとは?FXの始め方が分からない、FX会社(口座開設)の選び方が分からない!何を学べばいいの?為替情報を知りたい!』など。トレーダーの疑問や要望を把握し、初心者から上級者まで役立つ情報を配信いたします。 fx-douga.com

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*