chart_hr_top

海外のFX業者(高いレバレッジ)のメリットを有効利用する!

海外のFX業者はレバレッジが高いため「怖い」という声があるが、本当に怖いのか?
高いレバレッジで取引可能な業者の仕組みが悪いのか?

答えは、⇒ 『 トレーダーのトレード次第 』

高レバレッジで大きな取引を行うことは出来ますが、必ずしも高いレバレッジで取引を行う必要はありません。『狙ったところだけに大きな取引を行う』というように自分を制御できれば、高レバレッジの業者はとても魅力的です。

海外業者で有名なレバレッジ888倍の『XM』の例で考えると1万通貨のポジションは、たった千数百円程度の証拠金で保有することが出来ます。

日本のFX業者はレバレッジ25倍が最高なので1万通貨のポジションは、4万円近くの証拠金が必要となります。

少ない資本、10万程度しか口座にない場合で考えると、1万~2万通貨しかポジションを持つことが出来ません。

ここで何を言いたいかと言うと ・・・

高レバレッジでポジションを持つことが出来る海外FX業者で日本のFX業者で取引するような低レバレッジで取引を行えば 『 証拠金を有効に使える 』 ということです。

 

10万円の証拠金(資金)しかない場合で考えてみましょう。

日本のFX会社での取引の場合は、1万から2万通貨のポジションを保有したら口座にある証拠金がほぼ無くなります。持っているポジションを決済しないかぎり新しいポジションを保有することが出来ません。他通貨で売買したいポションがあっても身動きが出来なくなってしまいます。

高いレバレッジの海外のFX会社では、1万通貨でも千数百円の証拠金でポションを持つことが出来ます。10万円の証拠金があれば9万8千円以上の証拠金が残ります。これを有効に使うことが可能となります。複数の通貨をチェックしている方であれば、他通貨でのチャンスにも余裕をもってトレードが行えます。

どうでしょうか?高いレバレッジだからと言っていつも高いレバレッジで取引をする必要はないんです。むしろ少ない証拠金で効果的なトレードが出来るんです。

 

ハイレバレッジ可能なFX会社でのトレード

ハイレバレッジ可能なFX会社でのトレードで大切なことやトレード方法について以下に簡単にまとめます。

1. ここぞという時にだけハイレバレッジを使うのが有効!

ポジションを多く持てるからといって、常に多くのポジションを持っていることは避けるべきです。ここぞという時にハイレバレッジを使うのが有効です。多くのポジションを持てると大きく勝ちたいという気持ちがどうしても芽生えてしまいます。この気持ちを抑えることが重要です。ポイントは『ここぞという時にだけハイレバレッジを使う』です。

 

2. こつこつで挽回できる程度で損切を行うことが大切!

ハイレバレッジにした場合、自分の考えに反して逆行した場合、損切りを逃さないことが大切です。こつこつドカンにならない程度、こつこつで挽回できる程度で損切を行うことが最も重要です。

 

3. どんな人がハイレバレッジFX業者に向いている?

  • 勝ちを極端に急ぎ過ぎない人
  • 損切りが出来る人
  • ハイレバレッジのため、たくさんのポジション保有が可能ではあるが保有ポジションを控え、資金管理を行える人。(ここぞという時にだけハイレバレッジにすることが出来る人)

 

4. ハイレバレッジで有効なトレード方法は?

高いレバレッジでのトレード時には、特に損切り幅の少なくて済むポイントでエントリーしたい。レジスタンスラインやサポートラインを引いてみるといいだろう。こうすると、自分の考えに逆行してしまった場合の損切ポイントを設定し易い。また損切幅も少なくて済む。また、出来るだけ大きな変動幅のラインを利用すれば、損切りタイミングが遅れてしまったとしても損失幅が少なくて済む(また為替レートが戻ってくることが多い)

例えば、

レンジの下限付近を狙う(ロングエントリー)

chart_hr1

レンジの上限付近を狙う(ショートエントリー)

chart_hr2

ダウ理論の下降トレンドの崩れを狙う(ロングエントリー)

chart_hr3
ダウ理論では赤丸の部分がエントリーポイントなりますが、ここではダウ理論の崩れ(一方向へのトレンドの終わり)を狙っていく方法をお勧めする。長く続いた一方向の崩れを狙うと大きな幅で利益を上げられることが多い。またレバレッジの高い業者はスプレッドが広めなのでエントリー回数を減らすことにも有効なやり方です。

ダウ理論の上昇トレンドの崩れを狙う(ショートエントリー)

chart_hr4
ダウ理論では赤丸の部分がエントリーポイントなりますが、ここではダウ理論の崩れ(一方向へのトレンドの終わり)を狙っていく方法をお勧めする。長く続いた一方向の崩れを狙うと大きな幅で利益を上げられることが多い。またレバレッジの高い業者はスプレッドが広めなのでエントリー回数を減らすことにも有効なやり方です。

 

海外のFX会社での取引の心得

➀ 安易にレバレッジを高くし過ぎてはいけない(自分を制御)。
➁ 重要な指標発表時は、レバレッジを大きく掛けての勝負はしない。
ここぞという時にのみハイレバレッジで勝負する。
(逆行した場合の損切りポイントをしっかり実行する。)

以上のことを守って取引を行うことが出来れば、高レバレッジを使って有効に
取引を行うことが出来るでしょう!


レバレッジ888倍!XM公式ページ↓
image.creative.crt.image_105_0_0

・図解入り口座解説案内ページはこちら【Click】

fx_kaishaerabi
FXのことならFX動画で!『 FXとは?FXの始め方が分からない、FX会社(口座開設)の選び方が分からない!何を学べばいいの?為替情報を知りたい!』など。トレーダーの疑問や要望を把握し、初心者から上級者まで役立つ情報を配信いたします。 fx-douga.com

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*