YouTube(NHK 国際ニュース)

NY原油 供給過剰の見方で36ドル台半ばに下落!

・ニューヨーク原油市場(12月28日)
イラン閣僚「経済制裁の解除後、原油の輸出を増やす」と発言!
原油の供給過剰な状態がいっそう強まるとの見方が広がる!

・WTI先物価格(国際的な原油取引の指標)
一時、先週末より3%以上安い
1バレル=36ドル台半ばに下落

<補足>
・原油先のも価格
今月21日に約6年10か月ぶりに「1バレル=33ドル」台の安値を付けた後、買戻しの動きが出て38ドル台まで回復していた。

今後の見通しについてニューヨーク商業取引所のトレーダーは次のように話している↓↓↓
『増加する原油の供給と中国をはじめとする世界経済の減速で、原油は1バレル=30ドルを割り込み、20ドル台半ばまで下落するだろう』

fx_kaishaerabi
FXのことならFX動画で!『 FXとは?FXの始め方が分からない、FX会社(口座開設)の選び方が分からない!何を学べばいいの?為替情報を知りたい!』など。トレーダーの疑問や要望を把握し、初心者から上級者まで役立つ情報を配信いたします。 fx-douga.com

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*