Youtube動画(sbi fxt)
・昨日の日経平均はニューヨーク市場での取引所システムトラブルなども重なり、ダウが261ドル安。ギリシャ不安、中国急落・米国急落を受け東京市場は全面安の取引開始。株売り・円買い・債券買いという典型的なリスクオフの動きから日経平均は一時 622円安の場面もありましたが、上海株がプラスに浮上し日経平均も買い安心感から最終的に終値は117円高。

日経平均の高安の値幅は 740円と2年1ヶ月ぶりの大きさとなったほか東証一部の売買高は今年最大となった。

・中国市場に関しては、取りあえず反発したものの政府の株式相場下支え策に加えて、多くの上場企業が自社株買いに動いたことが市場心理の改善につながったとの見方が一部で出ているが、まだまだ先行き懸念への払拭には至っていないのが現状の様子。

・ギリシャ問題に関しては 12日のユーロ圏首脳会議を前にギリシャ側から財政改革案が提出されましたがEUなど債権団側がこれを受け入れ支援を継続するのかが不透明であること、さらにIMFが世界経済の成長率見通しを下方修正したことを受けニューヨークダウは上げ幅を縮小。ドル円は 121円21銭から121円41銭で一進一退。ニューヨーク市場が引けて以降、ギリシャの提出した財政改革案の詳細が報じられ、増税や年金給付抑制、地方空港の売却など、より積極的に取り組む姿勢がみられ合意に達するのでは・・・との期待からドル円をはじめクロス円、さらにユーロを押し上げ、ドル円は 121円79銭まで、ユーロも 1.1076ドルへと反発。

◎ギリシャの提案を受けたEU側からの発言が注目されるほか、昨日に引き続き中国株の動向が注目される一日になりそう。12日予定のEU首脳会合で支援合意するのか否か、週明けのシドニー・ウェリントン市場の動向に注目したい!

fx_kaishaerabi
FXのことならFX動画で!『 FXとは?FXの始め方が分からない、FX会社(口座開設)の選び方が分からない!何を学べばいいの?為替情報を知りたい!』など。トレーダーの疑問や要望を把握し、初心者から上級者まで役立つ情報を配信いたします。 fx-douga.com

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*