YouTube動画(stockvoice)
・ギリシャの国民投票の結果を受けた為替相場の反応
ドル円は、早朝より 121.83 レベルまで値を下げた。その後、反発をみせたが改めて値を下げている。リスク回避によるドル買い圧力や米金融政策の見極めの思惑もあるため、株に比べると底堅い傾向。
ユーロドルは、先週と同様に一目均衡表の下限での反発がみられている。ギリシャ国民投票で緊縮策の反対で決着が着いたが、今後どうなるかの焦点は欧州債券市場の反応で見ていきたい。

~ 2015年後半の円相場の展望 ~
金融政策の方向性が主要なテーマとなる。
・ドル/円、ポンド/円 緩和策 ⇒ 上昇
・NZD/円 ⇒ 下降

ニュージーランドドル下落予想の要因は?

■ニュージーランド(NZD)下落の背景:国内要因
くすぶり続ける追加緩和への思惑
1.交易条件の悪化
中国経済の鈍化⇒国際乳製品価格の低迷⇒酪農家の所得減少・国内需要低迷
2.低インフレ傾向
低迷する原油価格・貿易財価格の下落+労働需給の緩み

■ニュージーランド(NZD)下落の背景:海外要因
くすぶるドル&円買い要因
1.ドル買い要因
年内の利上げ期待
2.円買い要因
年内の追加緩和期待後退+2014年1月以降ピークアウトした貿易赤字、改善傾向にある貿易黒字

fx_kaishaerabi
FXのことならFX動画で!『 FXとは?FXの始め方が分からない、FX会社(口座開設)の選び方が分からない!何を学べばいいの?為替情報を知りたい!』など。トレーダーの疑問や要望を把握し、初心者から上級者まで役立つ情報を配信いたします。 fx-douga.com

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*