YouTube動画(FXDD ジャパン)
7月13日週のFX相場動向と注目の経済指標について解説!

<ギリシャ問題>
ギリシャ交渉は国民投票で「NO」という結果を出したが未だ解決されず交渉が続く。
ギリシャ交渉が捗らないのは、ドイツ側の要求があまりにもギリシャの実情を無視したものであるとも言えそう。実現の可能性は低いがギリシャ問題の最良の解決策は結局のところユーロ離脱です。ユーロから以前の自国通貨のドラクマに戻り通貨の切り下げを行うことです。仮に交渉がまとまっても5年前と同様に潜在的な問題をくすぶり続けることになります。ギリシャの経済規模は日本の神奈川県や愛知県程度であるため本来であれば、これほどの問題にならないはずでした。

そもそも欧州は、まだリーマンショック前の水準すら回復しておらず、対照的にイギリスや米国は回復しています。ご存知の通りイギリスは、ユーロを使っておらず、EUとは若干距離を置いています。また同じように2008年の金融危機の影響が大きかったアイスランドは自国通貨の下落による輸出の伸びや自国の経済政策を自由に決定できたことから既にショックを克服しています。

ユーロにとって一番の心配事はギリシャがEUを離脱し経済が回復することです。このことによってEUとユーロ自体の意義が問われることになるからです。

<戦略>
ドルと円に強気
中・長期的には豪ドルとNZドルに弱き、水曜日に政策金利が発表されるCADドルに弱き、ギリシャがEUを離脱するか、交渉が成立するまではユーロには弱気が良さそう。

fx_kaishaerabi
FXのことならFX動画で!『 FXとは?FXの始め方が分からない、FX会社(口座開設)の選び方が分からない!何を学べばいいの?為替情報を知りたい!』など。トレーダーの疑問や要望を把握し、初心者から上級者まで役立つ情報を配信いたします。 fx-douga.com

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*